ABOUT

Katsuki Connectionがはじまった理由

Katsuki Connectionがはじまった背景には、3つのStoryがあります。

Story1
デザイナーとして働き始めた頃、ニューヨークで一人のインテリアコーディネーターに出会いました。ある日、
彼に言われた一言は、今でも心に強く残っています。「アメリカの女性からコーディネートをお願いされる時、彼女たちは自分の思いをたくさんリクエストしてくるけど、日本人の奥さんはできるだけ普通にしてくださいって言うんだよね」
それを聞いたとき、もっと多くの日本の人々に暮らしを楽しんでもらいたいと強く思いました。

Story2
キャリアを重ねているうちに、気付けばデザインのことよりも、締め切りに追われ、目の前の仕事をこなすことを優先していました。
「私はデザインしているのではなく、ただゴミを増やしているのではないか」
そんな風に感じ、本気でデザイナーを辞めようと考えたこともありました。
しかし、疲れ切った私を励ましてくれたのは、家に置かれているお気に入りのイスや綺麗な布地でした。
心をいたわり、癒してくれるテキスタイルをもっと作りたい。そんな思いが心の底から湧いてきました。

Story3
私が仕事をしているなかで出会った、卓越した技、精緻なものづくりを得意とする数多くの日本の職人たちがいますが、残念ながらその数は、年々減少する傾向にあります。
彼らが受け継ぐものづくりの知恵と技術は、世界を見てもトップクラスのもの。それを今ここで絶やしてはいけない。伝統の技を継承し、未来へとつなぐために。そして少しでも長く使える良いものをつくるために。日本の匠の存在を世界中の人に知ってもらいたいと考えています。

 

 

“There are three stories behind my beginning Katsuki Connection.”

Story 1
When I began working as a designer, I met an interior coordinator in New York. Something he said to me one day remains firmly in my mind even now. “When American women ask me to coordinate their homes, they make a great number of requests based on their tastes, but Japanese wives ask me to make things as normal as possible”.
When I heard this, my greatest wish was for more Japanese people to enjoy life.

Story 2
As I built up my career, I found myself facing looming deadlines and focusing on dealing with the work in front of me, rather that on design.
I thought to myself, “Maybe I’m not designing, but just increasing the amount of trash around”; there were times when I really contemplated giving up being a designer. But my favorite chair and the beautiful textiles in my home soothed my exhausted soul.
I want to create more textiles that provide comfort, that soothe. This is a desire that springs from the very bottom of my heart.

Story 3
There are many Japanese artisans with prominent skills and who excel at the creation of exquisite things I have met through the course of my work; unfortunately, their numbers have had a tendency to decline through the years.
The knowledge and skills regarding the creation of things that these artisans inherit are top class, even by world standards. We can’t let them slip away now. So that traditional techniques may be handed down to future generations. And so that as many good things that can be used for a long time as possible can be created. My wish is that the existence of Japanese artisans be known throughout the world.

香月 裕子